再婚を目指す『バツイチ、子持ち』の婚活男性は実は狙い目?

          このエントリーをはてなブックマークに追加

子持ちのあなたが、婚活をする時の最大の武器は『何も隠さない正直さ』

子持ちの再婚

バツイチ・子持ちのあなたは、子供と一緒に暮らしていますか?

 

バツイチ、子持ちで再婚をしようと婚活している男性は大きく2つのタイプに分けることができます。

 

どちらのタイプに当てはまるかで、今後の婚活の仕方が分かれてきます。

 

 

それは、あなたは子供と一緒に暮らしていないのか?
それとも、あなたは子供と一緒に暮らしているシングルファーザーなのか?

 

と言う点です。

 

一般的に考えると、子供は母親が引き取っているケースが多いため、シングルファーザーよりシングルマザーが多いです。

 

ここでは、あなたが子供を引き取っていない男性としてアドバイスいたします。

 

シングルファーザーの方はこちらを参照してください。

 

多くの男性が結婚を意識するタイミング、もしかしてあなたも同じなのでは?


あなたは養育費を子供のために払っていますか?

離婚後の養育費

次の問いに対しての答えは、あなたが女性の気持ちになって考えてみてください。

 

どちらの男性と結婚を前提にしたお付き合いをしたいですか?

 

Aさん

 

「前の妻との間に子供はいましたが、

 

  養育費は支払っていません。

 

  なので、給料の全てをあなたとの新しい生活に使えます。」

 

Bさん

 

「前妻との間には離れて暮らしている子供のために、

 

  毎月養育費を〇万円払っています。

 

  現在の私の稼ぎはこれだけあるので、

 

  あなたとの新しい生活に使えるお金は少し減ってしまいます。」

 

 

もう一度言います。

 

男性目線で考えずに、女性目線でよく考えて下さいね。

 

  ・
  ・
  ・
  ・

 

よ〜く、考えましたか?

 

  ・
  ・
  ・
  ・

 

それではお答えします。

 

絶対とは言い切れませんが、この場合、Bさんに対し女性は好感を抱きやすいです。

 

それもそのはず、Aさんは前の妻だけでなく、実の子供に対して「父親としての責任」を何もとっていないのです。

 

果たして、女性はそのような男性と結婚したいと思うでしょうか?

 

 

ある結婚相談所では、離婚して子供を持つ男性が養育費を払っていない場合は入会を断る結婚相談所もあるようです。

 

なぜなら、結婚相談所に入会する段階でその人自身の家族に責任を持てる男性とみなされないからです。

 

いくら、将来再婚して新しい家庭を持つことができたとしても、どうしても不安が残ります。

 

離婚後も私は子供の結婚式に出席するべき?

 

養育費の現状

 

現在の日本で支払われている養育費の平均額は43,482円となっています。

 

(厚生労働省「平成23年度全国母子世帯等調査結果報告」内、「養育費の状況」より)

 

 

ここで注目してほしいことは、単に金額ではありません。

 

そもそも養育費は支払えない金額を課せられることはありません。

 

不運にも景気が下がったことで、給料が下がってしまった場合は、養育費の減額をお願いすることだってできるのです。

 

 

ここで、大きなポイントは「父親としての責任」の取り方です。

 

過去に対して責任もとれないような男性は、新しく家族を築いたとしても責任を果たせるのか、女性は非常に不安に感じます。

 

 

前妻と離婚してしまえば他人になりますが、子供との関係は一生親子であり続けるのです。

 

そのようなことを言えば、子供があなたにとって将来の足枷のように感じる事もあるかもしれません。

 

しかし、そのように感じる男性が再婚した後、新しく家庭を築き子育てができるのでしょうか?

 

女性はあなたが口にする甘い台詞以上のことを、父親としての落とし前のつけ方であなたのことを判断するでしょう。

 

そんなあなたの『何も隠さない正直さ』を女性は見ています。

 

子持ちのあなたの最後の難関は両親?


          このエントリーをはてなブックマークに追加