再婚したいバツイチ中高年男性への婚活方法

          このエントリーをはてなブックマークに追加

一番大事なのはこれからの二人の未来

再婚

現代の『離婚』のとらえ方

 

昔に比べると、現代は離婚がしやすくなったのは事実です。

 

では、なぜ離婚しやすくなったのでしょうか?

 

まず、それは社会の価値観の変化によるものが大きいです。
昔は『離婚=人格に欠損がある人』などと思われていた時代もありました。

 

そのため、不仲のまま夫婦生活を続け他人の前では仲がいい夫婦を演じる『仮面夫婦』のまま籍はいれた状態の夫婦も周りの人は知らないだけで、想像以上に多かったのかもしれません。

 

ただし今は『離婚=お互い縁がない人だった』などと、同情の気持ちが入るため周囲からのプレッシャーがかなり少なくなりました。

 

つまり、現代では嫌な気持ちを抱えたまま夫婦生活を送ることより、
「新しい生活に向けて第一歩を踏み出すことが大事」
と、考えている人が多くなったと言えるでしょう。

 

もう一度、
「本来、結婚とはゴールではなくスタートである」
と言うことを、きちんと再確認しておかないといけません。

 

一般的に考えて、
【結婚前に2人の時間】より
【結婚後の2人の時間】の方が
圧倒的に長いのですから。

 

再婚で得られたもの「自分と違う考えを受け入れることの価値」


「大好きな人との結婚」= 「将来幸せな結婚」?

再婚

もし、この記事を読んでいるあなたに離婚歴があれば、多くの人が身をもって体験されているのではないでしょうか?

 

普通「結婚とは好きな人とするもの」と考えています。

 

男性もそうですが、一般的に女性の方がそのような理想を多く抱いているような気がします。

 

「恋愛結婚」はお互い築きあった時間の末に結婚生活が始まります。
昔に比べると「恋愛結婚」で好きな人と結婚するカップルが増えました。
しかし、それと同時に離婚が増えたのもまた事実です。

 

 

一昔は「お見合い結婚」が主流でした。

 

まだ、お互いをよく知らない状態だけど、
「せっかくのご縁だから・・・」
ということで、結婚と同時に二人の時間が始まり、共同で生活を築き上げていきます。

 

何もここで、
「お互い何も知らない状態でも結婚はできる」
などという事を、あなたに伝えたいわけではありません。

 

「大好きな人じゃないと結婚できないわけではない」と言いたいのです。

 

そのような大好きになる人だけを追い求めていると、どうしてもあなたの視野が狭まってしまいます。

 

人間は誰かと一緒にいる限り、必ずと言っていいほど嫌な部分も見えてきます。

 

好きな部分だけを見て結婚してしまうと、嫌な部分を感じた瞬間に気持ちまで冷めてしまいます。

 

「完璧な結婚生活を夢見ていたが、現実と違って離婚してしまった・・・」
などと、後悔したことがある人もいると思います。

 

あまりに完璧すぎる理想の結婚生活に現実の結婚生活を当てはめるのではなく、空白がある結婚生活に一緒に当てはめていく共同作業が、本当の結婚生活とは思いませんか?


次の結婚に対してあなたは何を望みますか?

再婚

あながた独り身になった原因は、死別を除けば
「相手が、あなたが望むような結婚生活を与えてくれなかった」
もしくは、
「相手に対して、あなたが望むような結婚生活を与えることができなかった」
かもしれません。

 

しかし、大半は
「お互いが望むような結婚生活を与え合うことができなかった」
ではないでしょうか?

 

あらためて、質問します。
「あなたが結婚生活に求めるものは何ですか?」


          このエントリーをはてなブックマークに追加