結婚願望が高い婚活女性は男性のココを見ています

          このエントリーをはてなブックマークに追加

結婚願望が高い婚活女性は男性のココを見ています

再婚

あなたは賢く婚活をしている女性って、あなたのどこを見ているかわかりますか?

 

結婚相談所で婚活している女性が男性に求める3大要素と言えば、あなたはどのようなことを想像しますか?

 

  • 収入
  • 年齢
  • ルックス

 

この3つの条件があなたにそろっていれば、まず、お見合い相手に困ることはないでしょう。

 

しかし、これらの要素はあくまで、多くの女性とお見合いできると言う最初の段階でしかありません。

 

もちろん、結婚相談所での婚活はまずお見合いができないと、成婚できません。

 

そのため、これらは重要な部分なのは間違いありません。

 

しかし、一番の目的は結婚だということを決して忘れないでください。

 

確かに、結婚することが結婚相談所に入会する、一番の目的となるゴールなのかもしれません。
しかし、これからの人生を考えると結婚は2人にとってはスタートなのですから。

 

これから何十年と一緒に生活し続け、お互いが死ぬまで添い遂げる相手を選ばないといけないのです。

 

このように言うと、
「そんな人を簡単に選べない・・・」
などと、緊張してしまい女性を選ぶことに神経質になるもしれません。

 

しかし、そのままでは一向に結婚相手を選べません。

 

あなたが、相手の女性をえり好みし続けていては、いつまでたっても結婚できないのです。

 

ここであなたが女性に求める大事な部分は同時に、あなたが女性に与える大事な部分でもあります。

 

それを一言でいうと【安心感】です。

 

多くの人は恋愛をして結婚をします。

 

恋愛をするためには【安心感】より【トキメキ】ですが、結婚生活において必要なのは【安心感】です。

 

再婚をしたいと考える理由は「老後のことを考えた自分の姿」


婚活中の相手との距離感の取り方とは?

再婚

私から、あなたに1つ質問があります。

 

「まだ出会って間もない女性と話している時は、素の自分を見せていますか?」

 

これは、ほとんどの方の答えは「No」だと思います。

 

これは、当たり前のことです。

 

 

人間は誰でも初対面の人とは緊張しますし、気が置けない間柄になるまで時間がかかります。

 

ましてや、その相手が
「将来の結婚相手かもしれない・・・」
ともなると、普段以上に意識してしまいます。

 

 

勘違いしてしまう事例としては、
「ありのままの自分を知ってほしいから」
などと、先走ってしまうことです。

 

  • 会う時はいつも普段着
  • 話す時はいつもタメ口で会話

 

などはとても失礼な話です。

 

 

まだ、2人の間の仲を深めるまではある程度の距離感は大事です。

 

 

しかし、本当に結婚することになってお互いに緊張し続けるのも、日常的に考えると大変です。

 

 

しばらくは、
「この人はどんな人なんだろう・・・?」
この様に、探っている状態であることはお互い様です。

 

なので、女性からあなたは常に
「この男性は10年後、20年後、私にとって相応しい結婚相手だろうか?」
などと、観察されていると考えておいてください。


将来の結婚相手に選ばれる判断基準とは?

再婚

では一体、女性からしてあなたが将来の結婚相手としてふさわしいかについて、男性のどの部分で女性は判断していると思いますか?

 

それは『あなたにとって無関係な第三者に対する対応の仕方』です。

 

この行動によって、あなたが女性から将来の結婚相手に選ばれようになるための、1つの判断基準と考えることができます。

 

この考え方は、あなたが女性から選ばれるだけでなく、あなたが女性を選ぶ判断基準の1つとして考えることができます。

 

 

わかりやすい事例として
「食事中のレストランでお店側が何かミスをした時、あなたはどのような行動をとりますか?」

 

人によっては男らしい姿を見せようと、ひどく怒り大声で叱責するかもしれません。

 

もし、あなたが女性の前でそのような行為を見せると、きっと結婚相手から脱落してしまうでしょう。

 

なぜなら
『利害関係のない第三者に対する行動は、結婚後の相手の扱い方』
だと言われているからです。

 

つまり、あなたがとっさにとったその行動は素の部分だからです。

 

あなたがレストランの店員に対してとった行動は、10年後、20年後、結婚相手に対する行動だと思っていてください。

 

将来、お互いどのような接し方するようになるのか、少しでも知りたい方はその点を注意しておくといいでしょう。


          このエントリーをはてなブックマークに追加