再婚へのプロポーズまでの必勝テクニック

          このエントリーをはてなブックマークに追加

【仮交際】と【本交際】の違いをキチント理解していますか?

結婚相談所

あなたは、結婚相談所のシステムをきちんと理解していますか?

 

結婚相談所のシステムとして【仮交際】と【本交際】があります。

 

これは、お互いの意識の持ちようはもちろんですが、その気持ちを結婚相談所に伝えて、2人がどの状態にいるのか伝えておく必要があります。

 

 

 【仮交際】

 

こちらは、お見合い後お互いしばらくお付き合いをする状態です。

 

直接お互い連絡を取り合って約束をし、2人っきりでデートをすることができます。

 

多くの場合は約1カ月〜3カ月の交際期間を目安にしています。
この期間の長さは長ければいいというわけでもありません。

 

交際という表現を使いますが、あくまでこれはお友達期間と思ってください。
なぜなら、この期間は複数の人と連絡を取り合うことができます。

 

2人、3人、4人でも同時にお付き合いできるのが仮交際です。

 

「二股かけているのでは・・・」

 

などと、罪悪感を抱く必要は、まったくありません。
むしろ、積極的にするべきです。

 

なぜなら、複数の女性と仮交際した方が、複数の女性を比較しながら婚活できるので、あなたにピッタリの女性を見つけやすくなります。

 

しかし、忘れてはいけないのは、男性のあなただけ複数の女性と仮交際できるのではありません。

 

婚活中の女性だって、複数の男性と同時に仮交際できるのです。

 

 

 【本交際】

 

結婚相談所によっては【真剣交際】と言ったりします。
お互い真剣に結婚を意識した交際を始めた状態です。

 

ここで、一番注意しないといけないことがあります。
それは、結婚相談所にお互い結婚を前提としたお付き合いをする気持ちを伝えておくことです。

 

いくら、あなたが結婚を前提のお付き合いをしているつもりでも、お互いの意思を結婚相談所に伝えておかないといけません。

 

なぜなら、仮交際の段階は複数の人と同時にお付き合いができます。

 

なので、いくらあなたが一途に女性のことを思っているとしても、女性の元には新たなお見合いの話がくる可能性だってあるのです。

 

もし、インターネットなどで相手を見つけることができるのであれば、本交際の段階になって初めてプロフィールなどが見られなくなるケースがほとんどです。

 

子供を持つことで感じた「新しい喜びと生きがい」


【仮交際】 と 【本交際】 のデートの違いをお伝えします。

結婚相談所

※一般的なデートの違いは下記のサイトを参考にしてください。

「成功するデート」と「失敗するデート」の違い

 

 

まずは、仮交際が始まり初デートから本交際にいたるまでの期間は通常では1カ月くらいにとどめるか、どんなに長くても3カ月を目安としたほうがいいでしょう。

 

期間の長さはデートの回数を何回したかで変わってくると思います。
デートの頻度は少なくても週に1回は誘ったほうがいいでしょう。

 

 

ここで、相手があなたのデートの誘いを断るようであれば、本交際に発展する可能性は難しいかもしれません。

 

つまり、仮交際の期間は相手があなたのことを、どれだけ真剣に考えているのかなどの判断する期間です。

 

 

もし、相手から断りの連絡がきても、
「その日は仕事ですが、〇〇日なら大丈夫です」
などと、別の日にちを提案してくるようなら、本交際に発展する可能性はあります。

 

しかし、数回にわたってあなたのデートの誘いを断るようであれば、今後本交際に発展する可能性は限りなく低いと言えます。

 

 

この仮交際の期間はお互いの職種によっては、まったく休みが合わないケースもよくあります。

 

そのような場合は、どちらかの仕事が終わった後に直接会ってお話しをするくらいの時間は必要です。

 

 

そして、可能であれば少しずつデートの内容を発展することを心がけて下さい。

 

例えば、AさんとBさんどちらの方がうまく本交際に発展できると思いますか?

 

[Aさん]

 

一回目:カフェ  (2時間)
二回目:ランチ  (2時間)
三回目:ディナー (3時間)
四回目:ランチ  (2時間)
五回目:ディナー (3時間)

 

 

[Bさん]

 

一回目:カフェ  (2時間)
二回目:ランチ  (2時間)
三回目:ディナー (3時間)
四回目:美術館  (半日)
五回目:ドライブ (1日)

 

 

この場合、明らかにBさんの方がお互いの距離を縮めることができていると言えるので、本交際に発展する可能性は高いです。

 

注意していただきたいのは、いきなり1回目のデートで丸1日かけてドライブするとなると仮交際としては早いかもしれません。

 

 

くれぐれも、男性と女性の気持ちの盛り上がり方には大きな違いがあることを意識しておいてください。

 

この仮交際の間2人に大切なのは、会っている総合計の時間より頻度を重要視してください。


【仮交際】 から 【本交際】 に移るタイミング

結婚相談所

多くの、結婚相談所で婚活されている方が抱く疑問があります。

 

それは、
「どのタイミングで仮交際から本交際に移ればいいのだろうか?」

 

まず、一番のアドバイスとしまして、初めに男性から女性に本交際に進みたい意思を女性に伝えるべきでしょう。

 

その後、結婚相談所に報告して正式に2人の関係が本交際になったと言えます。

 

ここでは、男性目線で女性から本交際へのOKがもらえる3つのタイミングをお伝えします。

 

 

1.連絡を取る回数や、デートの回数が増える

 

まず、当たり前ですが女性は好きでもない相手と会いたいとは思いませんし、連絡を取りたいとも思いません。

 

 

仮交際の段階で、

 

  • デートの回数が段々と少なくなる
  • メールや電話などのやり取りをして返事が極端に遅くなる
  • 返信の回数が減る

 

この様な場合だと、本交際のOKがもらえる可能性は低くなっているでしょう。

 

諦めて次の出会いを探したほうがいいかもしれません。

 

 

逆に、これらがすべて逆の場合だと可能性は十分に期待できるでしょう。

 

  • デートの回数が段々と多くなる
  • メールや電話などのやり取りをして返事がすぐ届く
  • 返信の回数が増える

 

 

2.女性からのメールで 『楽しい』 や 『嬉しい』

   などの好印象の感情が含まれている

 

メールの文章の内容からも女性の気持ちを知ることができます。

 

いつまでも、ただの連絡事項やあなたの問いかけの返事だけなら、今後の進展は難しいかもしれません。

 

 

一方、『楽しい』や『嬉しい』などあなたに対して好印象の感情が含まれるメールなら本交際に発展できる可能性は高いと言えます。

 

それに、女性からメールで
「また、誘ってくださいね。」
「次は○○に行きましょう。」
などの、次回のデートの誘いがあればまず間違いないと思っていいでしょう。

 

 

3.結婚後の将来設計の話をできるようになる

 

本交際とは、お互い一対一で真剣に相手と向き合いお付き合いをすることです。

 

お互いの結婚観を、
仮交際の段階で確認しておくか、
本交際に発展してからがいいかは、
状況に寄りるので一概にはアドバイスできません。

 

 

例えば、
「結婚した後、住む場所はどうなるのか?」
「子供は何人ほしいか?」
「結婚後は共働きになるのか?」

 

これらを確認した上で本交際に進むと、成婚退会を前提とした本交際のお付き合いになると思います。

 

どちらが、いいのかは状況によりますので、カウンセラーに相談できるのであればよく相談してみるといいでしょう。

 

間違っても、お見合いの段階でこのような質問を聞くのは止めておいてください。

 

婚活中の男性限定「一問一答」


          このエントリーをはてなブックマークに追加