そろそろ、同年代の夫婦をみかける度に羨ましく思う生活を止め、もう一度結婚しませんか?

多くのバツイチ男性が持つ5つの勘違いとは?

 

もしかして、この文章を読んでいるあなたは、

 

「再婚したいけど、中年オヤジになった私なんて女性に相手にされないだろうな・・・」

 

なんて思っていませんか?

 

 

バツイチであることが再婚を諦めている理由なのであれば、あなたは5つの大きな勘違いをしている危険性があります。

 

再婚できない男性の5つの勘違い

 

大きな勘違い 《その1》
バツイチの男性って女性に対して優しさがないって思われている?

 

あなたに離婚歴があるということは、きっと前の奥さんとの間に何かの問題があったのでしょう。

 

ですが、離婚の原因はお互い様であることをほとんどの女性は知っています。

 

しかし、一番注意しないといけないことは、女性に対して前妻の悪口や不満をこぼしてはいけません。

 

いくら、あなたが自分自身には結婚生活の中で悪くなかったと説明しても、どんな女性にも理解してくれません。

 

あなたにも反省する点があったと言う、謙虚な姿が何より大切です。

 

 

大きな勘違い 《その2》
バツイチの男性って老けているおじさんだと思われている?

 

現代社会では晩婚化が進み、40歳をすぎても未婚の男性や女性が増えています。

 

実は、初婚にしろ再婚にしろ年齢を気にしているのは男性ではなく女性なのです。

 

男性は若い女性を好むということを知っていますし、女性は妊娠・出産ということを何より気にしています。

 

婚活するために年齢を誤魔化すことはできませんが、若々しい気持ちを持ったり見た目年齢を若く見せたりすることで相手への印象を変えることが十分可能であることを覚えておいてください。

 

もし、あなたが中年のおじさんであることを気にするくらいなら、第三者目線のアドバイスを聞いてみるなどの努力が大切です。

 

 

大きな勘違い 《その3》
バツイチの男性って浮気性だと思われている?

 

これは、あなたの離婚の原因がポイントです。

 

もし、離婚の原因があなたの浮気だったとすれば、あなた自身が浮気性だと思われても仕方ないでしょう。

 

しかし、その後の心境の変化や、そもそも離婚の原因が別の場合、あなたが浮気性であるかどうかは関係ありません。

 

なぜなら、一番多い離婚の原因はダントツで「性格の不一致」なのですから。

 

 

大きな勘違い 《その4》
バツイチの男性って魅力がないって思われてる?

 

そもそも、男性の魅力って何なのでしょうか?

 

若さですか?
初婚であることですか?
でも、若さが魅力になるのって女性には当てはまりますが、男性の場合は少し違います。

 

包容力・経済力・経験値などの魅力はむしろ若い男性より、あなたは備わっていると思いませんか?

 

結婚や離婚も人生における経験値であることを忘れてはいけません。

 

つまり、
「どうせ中年男性は魅力がないよな・・・」
などと、悲観的に思っていることが一番魅力がないのであって、男性としての余裕が何よりの魅力となります。

 

 

大きな勘違い 《その5》
バツイチの男性って結婚相手の対象外でしょ?

 

実は、バツイチの男性が再婚にむけてためらってしまうのは、離婚歴があることかもしれません。

 

しかし、全婚姻の数の内、なんと約19.7%の男性が再婚と高い割合になっています。

 

つまり、5組に1組は再婚している男性なのです。

 

一般的にバツイチの男性でも約70%が再婚できると言われています。

 

この客観的な事実を知っても、あなたはまだ再婚できないと思いますか?

 

 

この高い割合の再婚率の理由は現代は昔と違ってバツイチであることをあまり隠さなくなったことがあるのかもしれません。

 

世間一般の価値観の変化によって、多くの女性もバツイチの男性に対してそこまで悪い印象を持っているわけでは決してありません。

 

バツイチ男性に対する男女の印象の違い

このような勝手な思い込みと現代の価値観とのズレを知らずに、多くの男性がせっかくの婚活チャンスを逃している現実をあなたは知っていましたか?

 

しかし、そのようなことも知らずに、

 

同年代の夫婦が仲良く並んで歩いている姿を見て羨ましがる

 

自分の年齢を考えた時、老後が心配になる

 

病気になった時に誰かそばにいて欲しいと考えてしまう

 

会社から帰ってきた時、部屋の明かりがついていないのが寂しがる

 

この様な生活で悩んでいるのであれば、まずは行動を始めないとあなたの前にステキな女性は現れてくれません。

 

でも、中年になった私が婚活なんて、どうやって?

婚活したい男性

 

などと悩み続けるだけで、ずっと初めの一歩を踏み出せずにいませんか?

 

最近では簡単にネットを使って気軽に婚活を始めることができます。

 

 

【婚活パーティー】

 

一番、気軽に婚活が始められると言っていいでしょう。

 

しかし、大人数の中で婚活しないといけなません。

 

そのため、高いコミュニケーション能力が求められます。

 

しかも、大勢の初婚の若い男性も一緒です。

 

つまり、バツイチ中年となると少し不利になるのは避けられません。

 

 

 

【婚活サイト】

 

ネットで自分の好みで相手が選べます。

 

もし、ネット上で気が合えば、実際に一対一で会うことができます。

 

しかし、婚活サイトでいくら簡単に会う約束はできても、実際に会う事はなかなか難しいと言われています。

 

なぜなら、婚活サイトでした約束のドタキャンはよくあることだからです。

 

「気軽に会う約束ができる」=「気軽にドタキャンできる」

 

あくまで、ネット上の一度も会ったことがない人間関係ができていない相手なので、婚活に対する真剣度合も低いと言えます。

 

運悪くドタキャンされた時のショックを少しでも少なくするため、このことを理解しておくましょう。

 

 

【結婚相談所】

 

真剣に再婚を考えているあなたなら結婚相談所で婚活することが何よりの近道と考えていいでしょう。

 

3つの婚活方法を比べた時、欠点となるのは費用が一番高い点だと言えます。

 

すでに紹介した【婚活パーティー】や【婚活サイト】に比べて値段はかなり違いがあります。

 

しかし、それは以下のことを裏付けしているとも言えます。

 

「どれだけ結婚の意識が高い人が集まっているか」

 

つまり、遊び半分で結婚相談所に入会して婚活する人は少ないのです。

 

しかも、一人一人にアドバイザーが付くので第三者目線であなたにアドバイスしてくれます。

 

誰でも人間は、自分自身では長所や短所は気づきにくいですが、他人から意見を言ってもらえることは婚活における何よりのアドバンテージになります。

 

 

再婚して心にゆとりができました
Tomoさん

婚活した人の声>

前妻と別れたのは、再婚する10年前でした。

 

しばらくは、再婚などはまったく意識していませんでしたが。

 

中年と言われる年齢が近づいた頃、急に老後のことを考える様になりました。

 

「こんな、バツイチの男性なんか誰も相手にしてくれないだろう」

 

諦め半分で1年間真剣に婚活すると決めました。

 

再婚を目指して選んだ婚活方法が結婚相談所に入会したことで正解でした。

 

アドバイザーの第三者の目線が入ることで、自分の見直したほうがいい部分などを教えて下さり感謝しています。

男性のシングルファザーの婚活する難しさ
Takaさん

婚活した人の声

私は大学を卒業して、すぐにに結婚しました。

 

そして念願の息子が生まれた時、それから5年後でした。

 

しかし、子供を産んでから3年後、病気で妻が他界した時は自分のことはもちろんですが、息子に寂しい思いをさせることが何より気掛かりでした。

 

再婚を目指すなら、子供がまだ小さい頃からと思いましたが、どのように婚活していいかもわかりませんでした。

 

そんな時、シングルファザーであることを前提で婚活できる結婚相談所を選んで正解でした。

 

数人の人とお見合いしましたが、みなさん子持ちのシングルファザーであることを認識した上でのお見合いだったので、気兼ねなく子供のことが話せました。

熟年離婚を経験した絶望感から一転
Shiroさん

婚活した人の声

熟年離婚はテレビの中の出来事だと思っていました。

 

家のことはすべて家内にまかせっきり、男はただ仕事だけをすればいいなどと家族のことをまったく考えていなかった私に嫌気がさしたのかもしれません。

 

シニア世代になって急に独身に戻っても、男性は途方に暮れるだけです。

 

そんな時、古くからの友人が勧めてくれたのが、結婚相談所での再婚でした。

 

最近は、私のような中年のバツイチでも結婚相談所で第二の婚活をしていることにビックリでした。

 

12社の中からあなたにピッタリの
結婚相談所の無料資料請求できます

 

結婚相談所の資料請求

 

今なら先着10名様に結婚支援金として
3万円をプレゼントいたします

 

 

自分の年代にあった結婚相談所を選びたい

 

結婚相談所の資料請求

 

カンタン1分の入力で
結婚相談所の比較検討が無料でできます

 

 

50歳以上で結婚相談所を探している方はこちらから

 

結婚相談所の資料請求

 

あなたが思っている以上に
シニア世代が結婚相談所で婚活しています

 

「結婚相談所の封筒以外でほしいのですが・・・」


結婚相談所の社名の入っていない封筒で送ることも可能なので、プライバシーも守れます!

でも、何を基準に結婚相談所を選んでいいの?

婚活, 再婚, 結婚相談所, 離婚, バツイチ

 

結婚相談所に入会するのは再婚への近道なるかもしれませんが、必ず再婚できるわけではありません。

 

まず初めに、あなたにピッタリの結婚相談所選びが重要になってきます。

 

もちろん、複数の結婚相談所に入会すれば女性に出会える確率は増えるかもしれませんが、それが効率的な婚活かどうかはまた別の話です。

 

ここで、私は複数の結婚相談所で婚活することはあなたにオススメしたくありません。

 

その理由は以下の主なものとして2つあります。

 

  • 結婚相談所は入会金や会員費などが高い
  • 休みの日を婚活するためのスケジュール管理が大変

 

この2つが、私からあなたに複数の結婚相談所のかけもちをおオススメしない理由です。

 

 

 

しかし、今に日本には様々な結婚相談所があり1つに決めることが実に難しいのが現状です。

 

最近の時代の傾向としては、男性の【職業】や【年収】に応じて入会できる結婚相談所があります。

 

そのほかに、再婚希望する人に対してサービスしている【離婚歴がある人限定】などもあります。

 

その様に
『あなたが入会するために提供できる条件』
によって結婚相談所を選ぶのも1つの手段です。

 

しかし、ここでは私はあなただけに
『あなたが入会するために提供できる条件』
ではなく
『あなたに入会してもらうために提供できる条件』
をポイントにお伝えします。

 

つまり、あなたが婚活を考えている時、
多数ある中からあなたに選んでもらうために、
結婚相談所はいったいどのような好条件を提示してくれるのでしょうか?

 

その好条件を見分けるポイントは3つの数字です。

 

必ず、この3つの数字をチェックすることを忘れないでください。

 

これらをよく考えずに入会してしまうと、
決してあなたが満足できない結婚相談所で婚活してしまう羽目になってしまいます。

 

婚活パーティーで後悔する男性

見分けるポイント 《その1》
会員数

 

そもそも、結婚相談所会員数が少ないと出会えるチャンスも減ってしまいます。

 

最低でも男性女性あわせて20,000人以上入会している会員数がいる結婚相談所を選ぶようにしてください。

 

見分けるポイント 《その2》
毎月の紹介人数

 

理想としては紹介人数に制限をかけていない結婚相談所が望ましいです。

 

なぜなら、この紹介人数というのはお見合いできる人数ではありません。

 

あくまで、結婚相談所からあなたに紹介する人数です。

 

見分けるポイント 《その3》
料金体系

 

料金体系の内訳の数字は以下の3つにわけることができます。

 

  • 入会金
  • 月会費
  • 成婚料

 

決して、結婚相談所は慈善事業ではありません。

 

あくまで、ビジネスなのでどこかで収益をあげないといけません。

 

そのことに着目すると、あなたが入会しようとしている結婚相談所がどの時点で収益をあげようとしているのか、見極めることがポイントとなります。

 

 

多くの人に入会してもうらうことで、
売り上げをあげる『入会金』なのか?


長く会員になってもらうことで、
売り上げをあげる『月会費』なのか?


早く成婚して退会してもらうことで、
売り上げをあげる『成婚料』なのか?

 

 

そもそも、あなたは何を目的にして結婚相談所を選んでいるのかよく考えてください。

 

 

結婚相談所にとりあえず入会することが目的ですか?


結婚相談所で月会費を払い続け長期間に渡って婚活することが目的ですか?


結婚相談所で少しでも早く成婚して退会することが目的ですか?

 

 

ここで大事になってくるのは、
あなたと結婚相談所の目的が一致することが大事です。

 

 

 

もし、あなたが次のような超能力を持っているのであれば、以上の3つの数字を気にする必要はありません。

 

未来の再婚相手はこの結婚相談所で婚活しているから私はココにする!

結婚を決心する男性

 

でも、その未来の再婚相手の女性がわかっているのであれば、そもそも結婚相談所に入会する必要ないですよね・・・

毎月の紹介人数が無制限の結婚相談所に変えたところ、見事に再婚できました
Nishiさん

婚活した人の声

あまりお金をかけたくなかったので、最初は安い結婚相談所を選んだのが一番の間違いでした。

 

その結婚相談所は1カ月の紹介人数が6人と決まっていました。

 

入会して始めの月は結婚相談所から紹介された6人の女性を紹介されました。

 

しかし、私はその6人の女性とはお見合いしたいと思いませんでした。

 

すると婚活は終了してしまい、1カ月目の婚活を棒に振ってしまいました。

 

当時のことを考えると、今でも欲を出しえり好みしてしまったと後悔しています。

 

次の月はこのままではいけないと考えなおして、紹介された6人すべてに会いたいとお願いしました。

 

しかし、今度は6人の女性全員からお断りされて再び婚活終了です・・・。

 

断られるのはしょうがないにしてもあまりにも非効率な婚活だと感じ、数カ月後そのその結婚相談所は退会しました。

 

次に選んだ結婚相談所は、毎月の紹介人数が無制限の条件を選んで、とにかく女性とお見合いで出会う人数で勝負しました。

 

結婚相談所で婚活を始めると、勢いをつけないと結婚できなとアドバイザーの人に言われたことが身に染みてよくわかりました。

入会金や月会費ではなく成婚料を見て結婚相談所に変えたところ、アドバイザーの熱心さが伝わってきた
Satoshiさん

婚活した人の声

正直、最初の内は成婚料の意味がよくわかりませんでした。

 

「どうして、おめでたいのにお金を払わないといけないの?」

 

などと、思っていたのです。

 

しかし、あくまで結婚相談所はビジネスなのでどこで収益をあげないといけないのだと考えなおすと納得できました。

 

成婚料を抑えている会社は入会させることが仕事なため、入会時はいいことばかり伝えてくるんですよね。

 

しかし、成婚料で売り上げをあげる会社は会員の人たちに成婚してもらうことに一生懸命になっています。

 

婚活している私が成婚へと近づけるために、とても親切にアドバイスしてくれました。

 

12社の中からあなたにピッタリの
結婚相談所の無料資料請求できます

 

結婚相談所の資料請求

 

今なら先着10名様に結婚支援金として
3万円をプレゼントいたします

 

 

自分の年代にあった結婚相談所を選びたい

 

結婚相談所の資料請求

 

カンタン1分の入力で
結婚相談所の比較検討が無料でできます

 

 

50歳以上で結婚相談所を探している方はこちらから

 

結婚相談所の資料請求

 

あなたが思っている以上に
シニア世代が結婚相談所で婚活しています

 

「結婚相談所の封筒以外でほしいのですが・・・」


結婚相談所の社名の入っていない封筒で送ることも可能なので、プライバシーも守れます!

婚活, 再婚, 結婚相談所, 離婚, バツイチ