再婚したいバツイチ中高年男性への婚活方法

          このエントリーをはてなブックマークに追加

再婚するために考えておく必要な事とは?

再婚

もしかして、離婚経験者ですか?

 

もし、離婚経験者なのであれば以下の質問にどう答えますか?

 

「あなたは、ご自身の離婚をどうとらえていますか?」

 

ある人は「人生の中での失敗」などと、思う人もいるでしょう。

 

これからあなたにとって「失敗ではなく、ただの経験」だという事を、自分自身に言い聞かせてください。

 

 

もし、あなたが再婚を考えているなら、離婚をネガティブに考えていたのでは何の得にもなりません。

 

 

だからと言って離婚という事実から逃げてはいけません。

 

仮に、あなたが再婚できたとしても逃げたままの状態なのであれば、また同じような原因で離婚してしまうのがオチです。

 

離婚経験があるあなたが再婚したいのであれば、
一番に考えないといけないのは『離婚の原因』です。

 

一度は、好きになった女性と永遠の愛を誓って結婚をして、お互い死ぬまで添い遂げようと決心したのです。

 

しかし、何かの原因で結果的に別れてしまったのは事実なのです。

 

「結果があるところには、必ず原因があります!!」

 

注意:死別は除きます。

 

再婚をしたいと考える理由は「老後のことを考えた自分の姿」


離婚の原因とは?

再婚

離婚した男性と女性にそれぞれアンケートをとると、男女とも『離婚の原因』のトップはなんと同じです。

 

それは【性格の不一致】です。

 

つまり、お互いに価値観や考え方などに違いを感じてくると離婚に発展します。

 

 

しかし、そもそも「価値観や考え方がまったく一緒」なんて人いるのでしょうか?

 

人間は誰かと一緒にいると、イライラすることは必ずあるものです。

 

もし「誰かにまったくイライラしない状況」が存在するなら、
【上司と部下の関係】もしくは
【顧客と店員の関係】ではないでしょうか?

 

つまり、あなたの指示に従ってくれる人と一緒にいれば、あなたはイライラしませんよね。

 

しかし、従う側の【部下】や【店員】はイライラしまくりですよね。(笑)

 

つまり、夫婦関係は従属関係でない限り、必ず「お互いにイライラするもの」なんです。

 

そのイライラをお互いに許容できる夫婦は結婚生活を続けることができ、少なくともどちらか一方が許容できなかった夫婦は離婚してしまいます。


結婚の理由とは?

再婚

あなたにもう1つしっかり考えてほしいことがあります。

 

「今では離婚してしまったパートナーと、なぜ過去に結婚したいと思いましたか?」

 

あまりにも、簡単かもしれませんね?

 

「好きだったから」ですか?

 

でも、同性や異性問わず『好き』と言える人は他にもたくさんいませんか?

 

その人は他の人とは違う特別なものがあったからではないですか?

 

しっかりと、あなたが再婚したいパートナーをしっかりと具現化しておきましょう。

 

 

しかし、ここで私があなたにお伝えしたいのは、
「事細かに、パートナーに求めるものをリストアップしておきましょう」
ではありません。

 

「結婚相手を探す」ことは「注文住宅を建てる」ことではないのですから。


結婚相談所で再婚をするということとは?

再婚

結婚に大切な要素として
「性格があう人」
があると思います。

 

つまり、フィーリングで相手を探そうとしてしまう人がいます。

 

 

しかし、ここでよく意識してほしいことは、

 

今、あなたは
【恋人】を探しているのか? 
【結婚相手】を探しているのか?
です。

 

失敗しない再婚をしたいのであれば、まずは結婚相手に必要な条件をあなたの中で考えて下さい。

 

 

もちろん、人によっては

 

  • 容姿
  • 年齢

 

などが、最優先の人もいるでしょう。
しかし、それだけで相手を選ぶにはあまりにも軽率です。

 

しかし、本当に失敗しない再婚をするためには、
「性格があう人」ではなく
「条件があう人」を考えた上で再婚しないと、
また、離婚する夫婦も数多くいます。

 

 

お見合い結婚が主流だった時代もあります。
条件があうご縁のあった人との結婚です。
お互い、我慢しあっても結婚生活を続けてきました。

 

一方、現代は恋愛結婚が主流になっています。
性格があった人と数年、数ヶ月の時を経て結婚します。
お互い我慢できずに離婚が増えたのも、また事実です。

 

 

結婚生活を送るということは【愛】することです。
【恋】は努力はいらないが【愛】は努力が必要です。
【恋】はお互いを意識するが【愛】は自然体で付き合えることが一番です。


          このエントリーをはてなブックマークに追加