短期決戦の婚活女性が男性に求めているものとは?

          このエントリーをはてなブックマークに追加

短期決戦の婚活女性が男性に求めているものとは?

婚活

男性と女性が婚活に対する考え方の違い

 

あなたに1つ質問があります。

 

「結婚相談所に入会して成婚するまでの期間は、
  男性女性ではどちらが短いと思いますか?」

 

結論から申しますと、
圧倒的に女性の方が成婚するまでの期間は短いと言われています。

 

 

これは女性婚活に対する本気度合いの表れだとも言えます。

 

その理由は簡単で、
女性にとっては「妊娠と出産」があるため、
女性自身も自分の婚活するにおいて年齢を気にしています。

 

 

そのため、結婚相談所で男性女性が一生懸命になる部分に違いがあります。

 

男性は「相手の女性と付き合っていくこと」に一生懸命になります。
しかし、一方、
女性は「相手の男性と結婚すること」に一生懸命になります。

 

つまり、相手をシビアに見ているのは女性の方が強いと考えられます。
その点、男性婚活において悠長に構えている傾向が一般的です。

 

これは結婚相談所に限らず、世間一般的にも当てはまるのではないのでしょうか?

 

付き合いが長いカップルで、女性男性
「私とこれからどうしていきたいの?」
などと、それとなく結婚を求められたりする話はよくあることです。

 

しかし、逆に男性女性にこのような質問する場面は考えにくいには、私だけでしょうか?

 

「結婚相談所に入会して成婚退会するのは短期決戦」
このことを、よく覚えておいてください。

 

再婚してよかったことは「心にゆとりができたこと」


交際に発展した後、女性は男性に一体何を求めているのでしょうか?

婚活

 

婚活における交際が発展した後、女性男性に求めているものとして、大きく分けて2つあります。

 

この2つを意識しておくと結婚への道が一気に近づくと言っても過言ではありません。

 

 

それは【安定感】と【リードしてくれる行動力】です。

 

 

 【安定感】

 

別の箇所では「安心感」について触れました。

 

「安心感」は男性女性もお互いに求める結婚の要素です。

 

しかし、【安定感】は女性だけが男性に求める大きな要素だと言えます。

 

男性の場合【安定感】と言えば、やはり『職業』だと言えます。

 

一般的に、男性の方がロマンチストですし夢をみがちです。
一方、女性は現実路線で物事を考えます。

 

 

 【リードしてくれる行動力】

 

あなたは「男性女性をリードしてあげる行動力」と言われて、具体的にどのような行動を指すと思いますか?

 

実は、ここでも男性女性の違いがあります。

 

男性は『自分の得意なことを披露してあげればいい』などと思いがちです。

 

しかし、いくらあなたがお目当ての女性に得意なことを披露して喜んでいても、内心は喜んでいないかもしれません。

 

 

例えば、ドライブでデートすることになったとします。
あなたは以下のような事前に考えるかもしれません。

 

  • 車内でかける音楽を準備
  • どこで食事するか予約、もしくは決めておく

 

もっとも、多くの男性はそれすらできていないので、準備できている時点であなたのポイントは結構高いと言っていいでしょう。

 

しかし、実際女性が求めている【リードしてくれる行動力】はもっと高いレベルだということを認識しておいてください。

 

参考になる模範は西洋の男性女性に見せるスマートなエスコートです。

 

先程の、

 

  • 車内でかける音楽を準備
  • どこで食事するか予約、もしくは決めておく

 

これら全ては、あくまで男性目線の独りよがりでしかありません。

 

あくまで男性が事前に準備することは、女性
「あなたにお任せします」
と、言われた時の保険であると思っていてください。

 

なぜなら、一番に女性男性に『気遣ってほしい』のです。

 

 

「成功するデート」と「失敗するデート」の違い


女性が男性に求める『気遣い』とは?

婚活

車内の音楽をかける際も得意げにあなたが選んだ曲をかけるのではありません。
まずは「音楽は何を聴きたいですか?」と尋ねてほしいと思っています。

 

もしかすると、あなたは女性の希望に叶う曲をそろえていないかもしれません。

 

そのような時は
「こういうタイプの曲しかないけどいい? それともラジオがいい?」
などと、気遣ってあげると女性は喜びます。

 

 

そして、女性男性も求める気遣いはこれだけにとどまりません。

 

  • 寒くないか空調についても気遣ってほしい
  • トイレに行きたいかどうか気遣ってほしい

などと、多岐に渡ります。

 

こんなことを言うと
「そんなことはとてもできない・・・」
などと意気消沈してしまう男性がほとんどだと思います。

 

私もあなたと同じように、
「そんなのわかんね〜よ!!」
と、叫びたくなります。

 

それもそのはず、このような女性のエスコートする能力は西洋の男性は生まれ持ったリードする力を持っています。

 

しかし、我々日本の男性はそもそもDNAの中に組み込まれていません。

 

 

昔の日本における夫婦像を考えると
「黙って俺についてこい」
などは当たり前だったかもしれません。

 

しかし、今はこのような男性は絶滅危惧種と言っていいのではないでしょうか?

 

ましてや、現代の多くの女性はこのような男性を求めていません。

 

 

だからと言って、西洋の男性のようにエスコートしてほしい女性が増える一方、エスコートできる男性が、日本で育っているでしょうか?

 

残念ながら現実は、女性の理想ばかりが先を行って、男性の実情が追い付いていません。

 

それもそのはずです。
男性はどうしても会社についやす時間が多くなってしまうため、自分の自由な時間にかける時間が女性に対して短いためです。

 

日本は西洋に比べて労働時間が長いため
「そこまで気が回らない・・・」
と、言うのが本音でしょう。

 

そのため、私は婚活している女性に声を大にして言いたい
「今の日本男性女性に気遣ってリードしてくれる行動力を求めないでくれ」
と・・・。

 

などと、ここで言っても女性が意識を変えない限り変わることはありません。

 

しかし、あなたが多くの女性から選ばれたいのであれば、意識せざるおえないのも現実としてあるのでここでは触れておきました。

 

なので、あなたが女性に対する気遣いができる数少ない数パーセントの紳士であるなら、他の婚活中の男性からすると有利な立場であることは間違いありません。

 

 

我々、日本の男性女性の理想に追いつくのが先なのか?

 

それとも、日本人女性が現実の男性を考え直すのが先なのか?

 

この結末は今後の行く末を見守るしかありません。


 

          このエントリーをはてなブックマークに追加