真剣に婚活したい人にとって街コンはダメ!?

          このエントリーをはてなブックマークに追加

地方自治体主催の婚活の結婚率は2%!?

地方自治体開催の飲み会

 

最近では、街コンなんて言葉も当たり前になってきています。
もちろん、地方自治体で結婚を目的とした取り組みです。

 

「出会いがない」
「結婚したい」
などと悩む男女に行政が支援しています。

 

共同通信社の調べでは、
2012年度と2017年度の予算を比較しています。

 

東京新聞の記事

 

佐賀新聞の記事

 

この調査によると、47都道府県を合計すると5年後には7倍にもなっています。
2012年度:約 345,070,000円( 3億4507万円)
2017年度:約2,350,820,000円(23億5082万円)

 

全国の参加人数は60万人にもなるそうです。
人数が多いのはやはり金額が安いことでしょう。

 

民間業者の結婚相談所などに比べると
かなり婚活にかかる費用をおさえられるのは間違いありません。


街コンにおける婚活の実際の効果は?

 

もちろん、これで出会ってお付き合いが始まった男女は多数いることでしょう。
しかし、主催者の一番の目的はやはり『結婚』であることは間違いありません。

 

成婚の数が多かった自治体は

 

1位 茨城県 1,775組
2位 兵庫県 1,301組
3位 愛媛県 789組
4位 長野県 761組
5位 石川県 644組

 

それに応じて2017年度にかけた予算はそれぞれ、

 

  • 茨城県   6511万円
  • 兵庫県 1億2301万円
  • 愛媛県   5793万円
  • 長野県   2470万円
  • 石川県   3000万円

 

 

つまり、かけた予算が高いからといって結婚の数が多いわけではないようです。

 

ちなみに、2017年度で一番予算をかけた県は全国の中では三重県で1億4375万円です。そして、まったく予算をかけていないのは東京都と大阪府です。

 

やはり都会では様々な結婚をお手伝いする民間業者が多数あるからだと思います。

街コンで婚活する落とし穴

落ち込む男性

 

この調査の段階では全国で少なくとも、7,749組のカップルが結婚できたそうです。

 

つまり、人数にすると倍の15,498人になるそうです。

 

あなたは、これを知ってどう思いますか?

 

60万人の内少なくとも15,498人が結婚することができたのです。
つまり、パーセントでいえばたったの約2%・・・

 

もし、これが結婚相談所の成婚率だとすると、とてもじゃないですが経営がなりたたないでしょうね。

 

かかった予算も5年間の総合計を考えると、かなりの金額になるのは簡単に想像できます。

 

もっとも、このような取り組みは地方自治体が行うことで経済効果として様々なことに波及するでしょう。

 

そのため、街コンが一概に無駄とも言うことはできません。

 

しかし、参加する当人たちはあくまで『結婚』もしくは『お付き合い』を目的に参加するのです。

 

私が以下のページで紹介したように、あまりにも参加者が多いとその中から特定の1人を決めることは難しくなります。

 

婚活パーティーと婚活サイトをススメない理由

 

結局、あなたが本当に婚活をしたいのであれば、【安さ】をとるのか【成功率】をとるのかどちらかです。


          このエントリーをはてなブックマークに追加

関連ページ

あなたの離婚の原因はなんですか?
婚活する相手がシングルマザーだった時の注意点
末永く、夫婦生活を続けていくために恋人と夫婦の“ある違い”を認識しておく
バツイチとバツニ以上の印象の違いとは?
再婚を近づけるための婚活の3条件
子持ちのあなたが再婚に向けて進む最後の難関は両親?
離婚した後でも私は実の子供の結婚式に出席するべき?
3組に1組は離婚なんて嘘!? 離婚率のカラクリとは?
中年になっての再婚もあくまで個人だけではすまされない
婚活の前に立ちはだかる年齢という壁
婚活における結婚相談所のお見合いは加点式ではなく減点式
結婚相談所でありがちな婚活疲れが起きた時どう対処したらいいのか?
結婚とは相手が何をしてくれるかではなく、相手に何をしてあげられるか
バツイチ同士の再婚が結婚生活で学んだこと
再婚にむけて日本で多い離婚の原因を考えてみましょう
今は平均寿命は80歳、40歳は晩年ではなく折り返し地点で婚活もいいものです
高齢の独身は圧倒的に女性が多い、再婚を望む男性との違いとは?
高齢になってからの健康に害を及ぼすのは肥満ではなく、孤独
離婚は結婚するより大変なのに、再婚を望む男性の心理とは?
男性は中年になってもやっぱり若い女性が好き
恋愛に年齢なんて関係ない、中高年にみる婚活における結婚観
『婚活』は平成19年生まれ!? これまでに日本人の頭の中に生まれた意識改革とは?
あなたにとって結婚生活とは生活必需品ですか?
現代社会に婚活が生まれてよかったこと
婚活して結婚できるのは「養える男性」より「愛される男」
年下の男性が年上のキャリアウーマンと知り合える婚活の心得とは?
親の都合で離婚したら、子供にどのような影響を与えるのか?
結婚相談所に入会して婚活する前に決めておく1つの条件
バツニの男性が再婚を目指して婚活する時の注意点