結婚や再婚は個人でできますが、関係性は個人ではすまされません

          このエントリーをはてなブックマークに追加

中年になっての再婚もあくまで個人だけではすまされない

人生の歩み方

 

昔は、結婚とは個人と個人のつながりではなく、家と家のつながりという印象が強かった時代もあったと思います。

 

適齢期になると、近所のどこからか声がかかってお見合いをするなんて結婚はすっかり少なくなってしまいました。

 

つまり、恋愛結婚などが当たり前とはいわれても、それに比例するかのように晩婚化が進み少子化になっています。

 

結婚や婚活が悩みになり、それがビジネスチャンスとなってきたのも自然の流れだといってもいいのかもしれません。


再婚は結婚相談所がむいている?

 

中年になった男性も、子持ちであろうがシングルファーザーであろうが婚活して再婚を希望している男性は意外に多くいらっしゃいます。

 

しかし、毎日会社と職場の往復なら出会いなんて望めません。

 

そこで、結婚相談所が一番効率的に婚活できるとあって登録されている人も多いのです。

 

離婚歴などは初めに申請しないといけないので、会って話を聞いてくれる女性はすでにあなたがバツイチであることは了承済みなので、気にせずお話しすることができます。

 

やはり、バツイチが珍しくないとはいっても、どこか後ろめたさは感じるのが仕方ありません。

 

いつ、打ち明けようかと悩むくらいならそれを知った上で会える方が気が楽だという意見には説得力があります。

再婚といえども、家と家のつながりが重要

 

男性にとって、若い奥さんともなれば嬉しいものですが、それが再婚相手などとなるとあなたの子供や親戚は意外と警戒してしまいがちです。

 

それは「あなたの財産を目的とした結婚なのか?」
ということです。

 

戸籍上は妻になるので、財産分与などで当然関係してきます。

 

街でステキな出会いがあったと中年になった男性にしては嬉しい限りかもしれませんが、実の子供たちからすると意外に怪しんでいるかもしれません。

          このエントリーをはてなブックマークに追加

関連ページ

あなたの離婚の原因はなんですか?
婚活する相手がシングルマザーだった時の注意点
地方自治体主催の婚活の結婚率は2%!?
末永く、夫婦生活を続けていくために恋人と夫婦の“ある違い”を認識しておく
バツイチとバツニ以上の印象の違いとは?
再婚を近づけるための婚活の3条件
子持ちのあなたが再婚に向けて進む最後の難関は両親?
離婚した後でも私は実の子供の結婚式に出席するべき?
3組に1組は離婚なんて嘘!? 離婚率のカラクリとは?
婚活の前に立ちはだかる年齢という壁
婚活における結婚相談所のお見合いは加点式ではなく減点式
結婚相談所でありがちな婚活疲れが起きた時どう対処したらいいのか?
結婚とは相手が何をしてくれるかではなく、相手に何をしてあげられるか
バツイチ同士の再婚が結婚生活で学んだこと
再婚にむけて日本で多い離婚の原因を考えてみましょう
今は平均寿命は80歳、40歳は晩年ではなく折り返し地点で婚活もいいものです
高齢の独身は圧倒的に女性が多い、再婚を望む男性との違いとは?
高齢になってからの健康に害を及ぼすのは肥満ではなく、孤独
離婚は結婚するより大変なのに、再婚を望む男性の心理とは?
男性は中年になってもやっぱり若い女性が好き
恋愛に年齢なんて関係ない、中高年にみる婚活における結婚観
『婚活』は平成19年生まれ!? これまでに日本人の頭の中に生まれた意識改革とは?
あなたにとって結婚生活とは生活必需品ですか?
現代社会に婚活が生まれてよかったこと
婚活して結婚できるのは「養える男性」より「愛される男」
年下の男性が年上のキャリアウーマンと知り合える婚活の心得とは?
親の都合で離婚したら、子供にどのような影響を与えるのか?
結婚相談所に入会して婚活する前に決めておく1つの条件
バツニの男性が再婚を目指して婚活する時の注意点