結婚相談所のお見合いでピンとこない婚活は当たり前

          このエントリーをはてなブックマークに追加

婚活における結婚相談所のお見合いは加点式ではなく減点式

結婚相談所, 婚活, 再婚, 第一印象, お見合い

 

結婚相談所婚活を始めると、相手と初対面する時はお見合いの場所です。

 

その時、多くの婚活者が感じることがあります。
「あまり、ピンとこないかも・・・」
これは、男性ではなく女性が抱きやすい印象です。

 

当然、お互いが初対面なので緊張しているので素直な姿を見せることはないでしょうから、うわべだけで会話をしてしまいがちです。

 

そんな時、多くの女性はあなたのことを無意識レベルで、くまなく男性のことを採点していることを忘れないでください。


お見合い中、男性は第一印象から減点されていく

 

これは、いくら高収入のイケメンでも同じように少しずつ減点されていきます。

 

なぜなら、女性にとってお見合いの場所は事前情報として知っている写真やプロフィールなどのすり合わせする時間なのです。

 

「あれ? 写真ではもっと若々しくてかっこよくなかった?」

 

「年齢もわたしより少し上だし、頼りがいがあると思ったのに・・・」

 

「大学を出てるのに、話し方が子供っぽい・・・」

 

「ここで、割り勘にするの? 年収はけっこうあるはずだったよね?」

 

女性はまだ見ぬ白馬に乗った王子様のようにイメージを膨らませて、あなたの元に現れます。

 

女性は婚活している以上は普段以上にシビアに男性にチェックが入ります。

第一印象でピンとこないのは当たり前

 

結婚相談所を運営している人の経験ではお見合いの席でピンとくる人に出会えることはありません。

 

仮に、お見合いの前にまったく相手の写真もプロフィールも知らなかったら、もっと女性が望むような運命的な出会いは増えるかもしれません。

 

しかし、女性からして写真もプロフィールも知らされないでお見合いで会ってくれるはずもありません。

 

多くの女性はじっくり付き合っていく上で相手の男性のことを好きになっていきます。

 

時々、第一印象でピンとくる男性に出会えて喜んでいる女性もいますが、ほとんどの場合は長続きしません。

 

結婚相談所婚活している男性も、お見合いの席の女性の反応で一喜一憂する必要はありません。

 

2〜3回デートしてみてお互いを判断しても、決して遅くはないのですから。

 

初のお見合いで好印象を抱いてもらうための心構え

          このエントリーをはてなブックマークに追加

関連ページ

あなたの離婚の原因はなんですか?
婚活する相手がシングルマザーだった時の注意点
地方自治体主催の婚活の結婚率は2%!?
末永く、夫婦生活を続けていくために恋人と夫婦の“ある違い”を認識しておく
バツイチとバツニ以上の印象の違いとは?
再婚を近づけるための婚活の3条件
子持ちのあなたが再婚に向けて進む最後の難関は両親?
離婚した後でも私は実の子供の結婚式に出席するべき?
3組に1組は離婚なんて嘘!? 離婚率のカラクリとは?
中年になっての再婚もあくまで個人だけではすまされない
婚活の前に立ちはだかる年齢という壁
結婚相談所でありがちな婚活疲れが起きた時どう対処したらいいのか?
結婚とは相手が何をしてくれるかではなく、相手に何をしてあげられるか
バツイチ同士の再婚が結婚生活で学んだこと
再婚にむけて日本で多い離婚の原因を考えてみましょう
今は平均寿命は80歳、40歳は晩年ではなく折り返し地点で婚活もいいものです
高齢の独身は圧倒的に女性が多い、再婚を望む男性との違いとは?
高齢になってからの健康に害を及ぼすのは肥満ではなく、孤独
離婚は結婚するより大変なのに、再婚を望む男性の心理とは?
男性は中年になってもやっぱり若い女性が好き
恋愛に年齢なんて関係ない、中高年にみる婚活における結婚観
『婚活』は平成19年生まれ!? これまでに日本人の頭の中に生まれた意識改革とは?
あなたにとって結婚生活とは生活必需品ですか?
現代社会に婚活が生まれてよかったこと
婚活して結婚できるのは「養える男性」より「愛される男」
年下の男性が年上のキャリアウーマンと知り合える婚活の心得とは?
親の都合で離婚したら、子供にどのような影響を与えるのか?
結婚相談所に入会して婚活する前に決めておく1つの条件
バツニの男性が再婚を目指して婚活する時の注意点