離婚して初めてわかる、結婚生活は嗜好品ではないという現実

          このエントリーをはてなブックマークに追加

あなたにとって結婚生活とは生活必需品ですか?

結婚と独身の分岐点

 

現代は1980年を境に夫婦の結婚生活のありかたや、結婚に関する価値観に違いが出てきたのは事実だと言えます。

 

特徴として挙げられるのは「結婚して幸せになる」という意味あいの違いがそうです。

 

これは、女性からすると反論はでるかもしれませんが「幸せになれない結婚はしたくない」と考えている女性は多いように感じます。

 

もちろん、結婚になって不幸になりたい人間は誰もいないと思いますが、「私のことを満足した生活をさせてくれる男性が幸せな結婚」と思う女性は多いと思います。


昔の結婚生活はなくてはならない生活必需品だった

 

昔は今と比べて、結婚はして当たり前という感覚は強かったとあなたは感じませんか?

 

一生、独身を貫く男性や女性がいなかったわけではありませんが、現代は少し独身である状態に変化が出てきていると思います。

 

今となっては職場で結婚に関する話を女性にすること自体がセクハラと言われるので個人のプライベートには触れないことが職場では当たり前になっています。

 

「いつになったら結婚するの?」
「近くにいい人いないの?」

 

このような会話は今の職場ではありえないのではないでしょうか?

 

しかし、昔は「結婚はして当たり前という生活必需品」という感覚があったのでしょう。

結婚生活は嗜好品となった現代

 

現代は結婚とは生活必需品という感覚から、幸せな生活を送るための嗜好品としてとらえている傾向があります。

 

つまり、幸せでない嗜好品としての結婚でなければ離婚してしまうのです。

 

もちろん、離婚の原因は配偶者との相性はもちろんあるでしょう。

 

しかし、結婚生活自体に幸せを見出せるなら、相手は誰でも問題ないなどと思う女性は意外に多くなっているような気がします。

 

婚活している女性はそのような嗜好品を探す感覚で男性を探していても、結婚することが難しい時代になってきているのは間違いないと思います。

 

そのような女性にとって結婚相談所が駆け込み寺になっているようにも感じますが、その時の年齢によって男性も若い女性を求めて婚活しても結婚はなかなか成立しません。

 

新たな子供を考えると、男性は40歳が分岐点

          このエントリーをはてなブックマークに追加

関連ページ

あなたの離婚の原因はなんですか?
婚活する相手がシングルマザーだった時の注意点
地方自治体主催の婚活の結婚率は2%!?
末永く、夫婦生活を続けていくために恋人と夫婦の“ある違い”を認識しておく
バツイチとバツニ以上の印象の違いとは?
再婚を近づけるための婚活の3条件
子持ちのあなたが再婚に向けて進む最後の難関は両親?
離婚した後でも私は実の子供の結婚式に出席するべき?
3組に1組は離婚なんて嘘!? 離婚率のカラクリとは?
中年になっての再婚もあくまで個人だけではすまされない
婚活の前に立ちはだかる年齢という壁
婚活における結婚相談所のお見合いは加点式ではなく減点式
結婚相談所でありがちな婚活疲れが起きた時どう対処したらいいのか?
結婚とは相手が何をしてくれるかではなく、相手に何をしてあげられるか
バツイチ同士の再婚が結婚生活で学んだこと
再婚にむけて日本で多い離婚の原因を考えてみましょう
今は平均寿命は80歳、40歳は晩年ではなく折り返し地点で婚活もいいものです
高齢の独身は圧倒的に女性が多い、再婚を望む男性との違いとは?
高齢になってからの健康に害を及ぼすのは肥満ではなく、孤独
離婚は結婚するより大変なのに、再婚を望む男性の心理とは?
男性は中年になってもやっぱり若い女性が好き
恋愛に年齢なんて関係ない、中高年にみる婚活における結婚観
『婚活』は平成19年生まれ!? これまでに日本人の頭の中に生まれた意識改革とは?
現代社会に婚活が生まれてよかったこと
婚活して結婚できるのは「養える男性」より「愛される男」
年下の男性が年上のキャリアウーマンと知り合える婚活の心得とは?
親の都合で離婚したら、子供にどのような影響を与えるのか?
結婚相談所に入会して婚活する前に決めておく1つの条件
バツニの男性が再婚を目指して婚活する時の注意点